仙台で二重に整形してからの毎日は

家族内で自分だけが一重で周りを羨んでいた

家族内で自分だけが一重で周りを羨んでいた家族の理解で整形して二重に整形後はよりアクティブになれた

家族の中に綺麗な二重でないのは私だけだったこともあり、自分では小さい頃から綺麗でくっきりとした二重に本当になりたかったし、憧れていました。
母や姉は私が時々羨ましいと言うと、決まってそんなことはないわよ○○ちゃんだって二重だよと慰めてはくれていました。
確かに疲れている時や目をこすってしまった時には二重かなと思う時もありましたが、いつでもその状態ということはなかったのです。
仙台は私が見る限り綺麗な人が多く、その上目元をみるとやはり二重に綺麗にアイメイクがされていてそれが映えるような人ばかりに見えていました。
高校を卒業して大学に入ってから周りの同級生の中に整形の話題がよくされるようになっていて、以前から羨ましいと思っていただけで整形というのは考えていなかったのでその方法があるのかと驚きと嬉しさを感じていたのです。
仙台に整形をする人が多いということも知らないという仙台に住みながら仙台のことを知りませんでした。
母や姉にその事を言うとやはり私と同じように整形という言葉に拒否反応のような感じになり一瞬引いていたようだったのです。
でも本格的に骨格を変えるなどというものでもない事や、私が小さい頃から自分の目元に不満を持っていたのかを分かっていたのできちんとした所でなら費用は出してあげると母から言われたことは嬉しかったことは忘れません。